発生生物学研究室│埼玉大学大学院理工学研究科生命科学部門 理学部生体制御学科

HOMEお問い合わせENGLISH

研究内容

スタッフ

弥益 恭(詳細はこちら)サイ・テクこらむ(埼玉新聞)

川村哲規

津田 佐知子、(詳細はこちら) テニュアトラックHP

大学院での研究課題(2015)

博士課程

脊椎動物胚の尾芽における多分化能細胞からの神経発生機構の研究(結川 達也、D2)

小脳神経回路の機能的区画の形成機構(日吉加菜映, D1)


修士課程(2年)

脊椎動物胚において脳幹の発生を支配する遺伝子機構の研究(奥津尚太噤j

膜電位イメージングを用いた小脳神経回路の形成機構の解析(奥村華乃子)

ゼブラフィッシュ胚を用いた体節境界決定の分子機構の解析(乙坂栞里)

ゲノム編集技術を用いた脳形成遺伝子の転写調節機構の研究(斎藤 草太)

ゼブラフィッシュhoxクラスター欠損変異体の作製と解析(山田一哉)

 

修士課程(1年)

峡部オーガナイザーでの神経発生制御機構と発生運命の追跡(大柳毅郎)

Oct4型POU遺伝子pou5f3の後脳における神経発生での役割の解析(小西千尋)

脊椎動物の終脳形成遺伝子emxの発現制御と遺伝子機能の解析(鈴木志保)

ゼブラフィッシュ小脳発達におけるプルキンエ細胞集団の3次元形態学的解析(福田成美)

 

PAGETOP