発生生物学研究室│埼玉大学大学院理工学研究科生命科学部門 理学部生体制御学科

HOMEお問い合わせENGLISH

学位論文

博士論文

2013

脊椎動物胚での峡部オーガナイザー形成制御機構の研究(中山由紀子)

2012

Studies on the Role of Class V POU Factors during Vertebrate Development
(脊椎動物胚の発生におけるクラスV POU転写因子の役割についての研究)(Alam Khan)

2009

脊椎動物の胚発生における繊維芽細胞成長因子シグナルの役割の研究(太田 聡)

2008

脊椎動物の胚発生を制御する成長因子遺伝子fgf8の転写制御機構(井上 詞貴)
Regulatory mechanism of the POU family transcription factor that governs the brain formation in zebrafish embryos.
(ゼブラフィッシュの脳形成を制御するPOU型転写因子遺伝子pou2/pou5f1の発現調節)(Mst. Shahnaj Parvin)

2006

Transcriptional Regulation of the gbx2 Homeobox Gene during Brain Formation in the Zebrafish Embryo.
(ゼブラフィッシュ胚脳形成におけるgbx2ホメオボックス遺伝子の転写制御)(Md. Ekramul Islam)

2003

脊椎動物胚発生において中脳後脳境界領域の形成を制御する分子的機構の研究(菊田 寛)

2001

Molecular Mechanism of the Tectal and the Cerebellar Formation in Zebrafish Embryos.
(ゼブラフィッシュ胚における視蓋及び小脳形成制御機構の分子生物学的研究)(平手良和)
Structure and Function of the Syndecan Core Protein in Sea Urchin Embryos.
(ウニ胚におけるシンデカンコアタンパク質の構造と機能)(富田和男)

1998

ウニ幼生の変態に対する甲状腺ホルモンの役割(斉藤 実)

1994

ムラサキウニ胚の外腸胚形成ペプチドの作用機構の解析(藤田吉明)

修士論文

2016

脊椎動物におけるコリン作動性ニューロンの発生と機能の研究(大貫 穂乃佳)
分節時計をモデルとした領域特異的な遺伝子産物の局在化機構の解析(小原弘幹)
脊椎動物脳原基でのセロトニン作動性ニューロンの分化とその制御機構の研究(藤咲 希春)
ゼブラフィッシュ胚を用いた体節形成におけるT-box遺伝子の機能解析(横田大佑)

2015

遺伝子破壊法を利用したゼブラフィッシュ胚の峡部形成機構の解析(鹿毛 大地)
脳の領域化における遺伝子の転写制御機構の研究(小林 加奈)
GAL4-UAS系を利用した脊椎動物の脳発生制御機構の解析(篠藤綾乃)
神経堤発生異常変異体の解析を通した脊椎動物発生制御機構の解析(高橋 一樹)

2014

睡眠・覚醒を制御する神経ネットワークの発生とその機能発達の研究(高橋稔)

2013

脊椎動物胚発生における前脳位置決定制御機構の研究(志村恭介)
脊椎動物の前脳形成を制御する遺伝子ネットワークの研究(平 一志)
脳原基部域化でのgbx2遺伝子の役割に関する発生遺伝学的研究(王 x)

2012

ウニ胚におけるEGFR類似遺伝子の解析(瀬下和久)
ゼブラフィッシュ頭部発生異常変異体の発生遺伝学的解析(伊藤佑貴)
脊椎動物の脳形成におけるクラスV POU転写因子の機能解析(竹本一政)

2011

比較ゲノム的手法を用いた脊椎動物脳形成制御機構の研究(黒ノ 友里)

2010

ウニにおけるドーパミン受容体D1の局在性と発現時期の研究(加藤 直樹)
ヨツアナカシパン幼生における甲状腺ホルモン受容体遺伝子の研究(菅原 旭美)

2009

ゼブラフィッシュGbx2転写因子による脳形成制御機構の研究(中山 由紀子)
ゼブラフィッシュ顎形成異常突然変異体についての発生遺伝学的解析(吉村麻美)

2008

ウニのCOUP-TF遺伝子の解析(鈴木 啓)

2007

脊椎動物胚における後脳内位置価の分子的基盤(川鍋俊博)
ゼブラフィッシュを用いた脳形成異常突然変異体のスクリーニング(新井 恒)
ウニ幼生の変態に関わるドーパミン受容体の解析(陣内隆行)
ゼブラフィッシュで体軸および脳形成を制御するPOU転写因子の研究(中本アンドルー)

2006

ゼブラフィッシュ胚発生におけるfgf8遺伝子の領域特異的発現制御機構(小平裕子)
ウニ幼生の変態におけるドーパミンの機能(坂本亜矢子)
変態期ウニ幼生の核内受容体cDNAクローンの単離(田部井幸恵)

2005

ゼブラフィッシュ胚発生におけるfgf8遺伝子の転写制御機構(井上詞貴)
FGF受容体の機能解析を通したFGFシグナルの胚発生における役割の研究(太田 聡)
ウニ胚骨片形成に対する外腸胚形成ペプチドの効果(豊田章子)

2004

ゼブラフィッシュ胚における後脳形成の分子的制御機構(石岡亜季子)
脊椎動物胚発生における脳領域化の分子的機構の解析(中村理恵子)

2003

脊椎動物脳形成を制御するpou2ホメオボックス遺伝子の転写調節機構の研究(奥山典子)
ホメオボックス遺伝子gbx2のゼブラフィッシュ胚形成における機能の研究(金井麻衣子)
動物個体発生におけるFGFシグナルの役割の研究(藤森典子)

2002

ゼブラフィッシュfgf8遺伝子の構造及び初期発生における転写調節機構の解析(永吉さおり)

2001

ゼブラフィッシュ初期発生におけるSmad転写因子の機能の解析(木村公一)

2000

ゼブラフィッシュ脳形成遺伝子 Gbx2 の構造および機能の解析(菊田 寛)
ウニ外腸胚特異的遺伝子 EGIP の時期および組織特異的な転写制御機構(堀井馨介)

1999

ゼブラフィッシュ胚で発現する Smad 遺伝子群の解析(西 尚士)

1998

ウニ胚におけるシンデカンコアタンパク質の遺伝子解析(富田和男)

1997

ウニ外腸胚形成ペプチド前駆体遺伝子の発現調節機構(鈴木元太郎)
外腸胚形成ペプチド結合タンパク質の遺伝子解析(平手良和)
バフンウニ精子レクチン受容体の精製(関 武博)

1996

ウニ非受容体型チロシンキナーゼ AcSrc1 の構造および発現解析(小野寺 浩)

1995

ウニ類の発生に対する甲状腺ホルモンの影響とホルモン結合タンパク質の解析(斉藤 実)
バフンウニ精漿レクチンの遺伝子解析(橋垣 学)

1994

ウニ胚で発現するタンパク質チロシンキナーゼ遺伝子の解析(佐熊 誠)

1993

ムラサキウニ外腸胚形成ペプチドの胚発生に伴う変動と前駆体の解析(木下幸之助)
ムラサキウニ外腸胚形成ペプチド染色体遺伝子の構造解析(春口佳子)

PAGETOP